美顔器は妊娠中に使用しても赤ちゃんに影響は出ない?

こんにちは、美顔器の読みもの編集部です。

妊娠中に美顔器を使いたいけどお腹の中の赤ちゃんに悪い影響は出ない?

超音波やイオン導入を使うと胎児にまで届いてしまう事はないの?

この記事では「妊娠中の美顔器の使用はなぜダメなのか」、「使用しても良い場合はあるのか」などについて解説していきます。

 

妊娠中に美顔器の使用を控えるべき理由

妊娠している時に美顔器の使用を控えるべきという理由は、”普段の肌質と妊娠中の肌質は大きく異なるため”であるという事が理由として挙げられます。

つまり、妊娠前に美容効果を発揮していた美顔器が、妊娠中に効果を発揮するとは限らず、逆に肌に対して悪影響を与えてしまう可能性があります。

 

美顔器の多くは「肌に刺激を与えない微弱な電流や超音波」などのようなアピールをしていますが、妊娠中に関してはその低刺激すら肌へのダメージになってしまう事もあります。

そういった理由から妊娠中の美顔器使用を差し控える注意書きがあるという事なんですね。

 

ホルモンバランスの変化の為に妊娠中は肌が敏感です

妊娠中の変化についてもう少し掘り下げると、妊娠前と妊娠中ではよく生活に大きな変化が生まれ、生活リズムにも変化が起こります。

そして一番重要なのがホルモンバランスの変化です。

これらの要素が合わさり、ストレスが溜まりやすくなる、便秘になりやすくなる、汗をかきやすくなるなどの複合的な要因から肌が敏感になり、肌荒れなどを起こしやすくなります。

もともと肌が弱い人などは特に注意が必要です。

 

妊娠中の美顔器使用は肌が荒れる可能性があるので医師にも相談し、なるべく控えることをおすすめします

先述のとおり、妊娠中は肌荒れなどの肌トラブルを起こしやすくなるため、「美顔器を使って解決したい」という気持ちになりがちですが、美顔器の刺激によって余計に悪化させてしまう可能性があります。

妊娠中には妊娠中に適したスキンケアがありますので、美顔器の使用は極力控え、肌荒れがひどいようでしたら医師に相談するというのも1つの手段です。

 

赤ちゃんへの影響はないの?

妊娠中の美顔器の使用は肌に悪影響になる可能性があると解説しましたが、気になる赤ちゃんへの影響はどうでしょうか?

まず代表的な美顔器の機能で超音波機能がありますが、超音波はエコーでも使用されている通り、赤ちゃんへの影響はありません。

超音波(エコー)検査とは、体の表面から人の耳には聞こえない音(超音波:4MHz~15MHz、通常聞こえる範囲:20MHz~20KHz)を当て、体内の組織にぶつかってはね返ってきた音(エコー・こだま)を画像にした検査です。
臨床検査技師 對馬 佳子
参考:http://www.kirari-hcoop.com/shinsatsushitsu/shinsatsushitsu_201505_echo.html

超音波美顔器は1MHz~8MHzのものが多く、このことからも超音波美顔器を使用しても赤ちゃんへの影響はほとんど考えられないといえるでしょう。

 

そして美容成分を浸透させるイオン導入ですが、こちらも胎児への影響はぼないと考えられます。

イオン導入で成分を浸透させられるのは真皮層付近までの0.6mm~3mmほど。

イオン導入を顔に使って赤ちゃんへ影響がでることはほぼありません。

 

唯一妊娠中に本当に避けたい美顔器がローラータイプのもの。

腹部への美顔ローラーは説明するまでもなくもちろんNGです。

 

妊娠中に美顔器を使うならば頻度を少なく様子を見ながら

肌への刺激を与えてしまうため、妊娠中は極力控えた方が良いとされる美顔器ですが、使用頻度を落としつつ、肌の様子を見ながら使用する分には問題は無いと言われています。

もちろん肌に異常が見られるような場合はすぐに使用を止める必要はありますが、異常が無いようでしたら頻度を少なくして使用し続ける事は可能です。

肌のコンディションの見極めは意外と難しく、実際に肌荒れなどが出てしまってから実感する事の方が多いです。

頻度を落とした美顔器の使用も良いですが、妊娠中に限っては低刺激の化粧水や美容液でのケアなども視野に入れる事も大切と言えるでしょう。

 

ローラータイプでも同じこと

リファカラットレイ

妊娠中の肌はデリケートになり、乾燥もしやすくなります。

そのため、ローラータイプの美顔器の摩擦でも悪影響を与えてしまう可能性があります。

ローラーを肌の上でコロコロ転がしている事については”摩擦”という感覚を得づらいものですが、まぎれもなく肌に対して摩擦を起こしています。

また、ローラーからマイクロカレントなどの微弱電流が発せられる美顔器も多く存在しますので、それらの刺激がデリケートな肌を傷めかねません。

それらを踏まえ、ローラータイプの美顔器についても使用する場合は使用頻度を落とし、肌の様子を見ながら使用する事が大切です。

 

リフレッシュ目的で使うのが正解

妊娠中の美顔器については、美肌目的というよりは気分転換に使用するというリフレッシュ感覚で使用する事が正しいと言えます。

やはり「使用を控えて下さい」と書かれているものを使用するのは後ろめたさもありますし、思い込みによるプラシーボ効果で体に悪影響を与えてしまう事も考えられます。

また、それまで毎週数回使っていた美顔器の使用を突然やめる事が精神的なストレスに結びつく場合もありますよね。

それらを加味して、”使用頻度を落とし、肌の安全を確認しながら気分転換として美顔器を使用する事”をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA