【レビュー】レナセルを実際に使ってみた効果と口コミを暴露!美顔器との相性は?

こんにちは、美顔器の読みもの編集部です。

今注目を浴びている幹細胞コスメですが、遺伝子検査の結果から自分にぴったりのヒト幹細胞美容液を届けてくれる「レナセル」という商品が新発売されました。

レナセルクリアセラム

乾燥肌タイプの人やシミが出来やすいタイプの人など、自分の遺伝子から肌の弱いポイントを見つけて、最適な幹細胞美容液を使うことが出来るのが特徴。

今回は実際にレナセルを購入して、1か月使ってみた私の口コミを紹介します。

レナセルの遺伝子検査キットの内容物

遺伝子検査キットが到着

レナセルを注文して3日程度で自宅に遺伝子検査キットが到着しました。このキットで調べられることはシミ・シワ・乾燥肌の3種類で、自分がどのような肌質なのかを5段階のうちから評価してくれるというもの。

遺伝子検査は25,000人以上の検査を行っている専門機関で行われ、信頼性・正確性には全く問題がないでしょう。

遺伝子検査キットの容器

遺伝子検査キットの容器 遺伝子検査キットの容器

こちらが自身の遺伝子を採取するキット。付属のパンフレットにわかりやすい使い方が記載されています。

遺伝子検査キットの容器

細胞の採取、同意書の記入が出来たら返信用封筒に入れポストに投函

細胞の採取、同意書の記入が出来たら返信用封筒に入れポストに投函

口腔内の細胞採取と同意書を記入後、返信用封筒に2つを入れてポストへ投函して終了です。あとは2~3週間後に結果が来るのを待つだけ!

どんな結果が出るのか楽しみですね♪

【遺伝子検査結果が到着】シミとシワのリスクが高いことが判明・・・

遺伝子検査キットをDNAセンターに送って約2週間ほどで検査結果と美容液が送られてきました!

結果はというと・・・

遺伝子検査結果

遺伝子検査の結果、私はシミに関するリスクが高い遺伝子傾向が見られました。

シミを予防、ケアする成分を多く配合したヒト幹細胞入り美容液「レナセルクリアセラム」をお届けします。という結果に!

シミのリスクがMAXレベルの高いになっていました。(確かにシワよりもシミの方が気になる・・・)

というわけでシミ対策成分を多く含んだレナセルクリアセラムという商品が一緒に届きました♪

具体的にどんなことが書かれていたかについては写真だと見えにくいので書き起こしておきます。

シワ関連遺伝子(AR)

リスクの高さ

糖化リスクに関連する遺伝子で、ブドウ糖からソルビトールを産生する酵素に関与する遺伝子です。塩基配列が「A」の場合と「G」の場合があります。したがって、「AA」タイプ、「A/G」タイプ、「G/G」タイプの3つのタイプが存在します。糖化とは体内に存在するコラーゲンなどのたんぱく質と、食事などによって摂取した糖が結びつく現象で、さまざまなお肌トラブルや老化、病気の原因となります。この遺伝子に変異がある場合、糖化によって作られるAGEsが出来やすく、肌のハリのもとであるコラーゲン同士を結合させ、肌のハリや弾力性を低下させシワの原因となります。

シミ関連遺伝子(Mn-SOD)

リスクの高さ

活性酸素リスクに関する遺伝子で、活性酸素を失活させる酵素(SOD:スーパーオキシドディスムターゼ)のひとつに関与する遺伝子です。塩基配列が「C」の場合と「T」の場合があります
この塩基配列の個人差により、16番目のアミノ酸のバリン(Val)がアラニン(Ala)に変異した場合があります。(※この遺伝子は、塩基配列ではなく、遺伝子を基にして作られるアミノ酸で
表記することが一般的ですので、塩基(A,T,C,Gなど)ではなく、アミノ酸で表記しています。)
細胞内に存在する活性酸素を除去する酵素のひとつである「マンガンSOD」は、遺伝的に酵素活性が高い人と低い人がいます。この遺伝子に変異がある場合、活性酸素により身体が酸化(身体
が錆びる)することで細胞が傷つけられ、お肌が酸化してシミが増えたり、肌荒れが目立ったりします。

保湿関連遺伝子(PON1)

リスクの高さ

過酸化脂質リスクに関する遺伝子で、エステラーゼのひとつで、LDL (低比重リポ蛋白)の酸化に関与する遺伝子です。塩基配列が「A」の場合と「G」の場合があります。この塩基配列の個人差により、192番目のアミノ酸のグルタミン(Gln)がアルギニン(Arg)に変異した場合があります。
(※この遺伝子は、塩基配列ではなく、遺伝子を基にして作られるアミノ酸で表記することが一般的ですので、塩基(A,T.C.Gなど)ではなく、アミノ酸で表記しています。)
脂質が酸化すると過酸化脂質ができ、その過酸化脂質によって身体の酸化が加速されたり、お肌のトラブルを引き起こします。この遺伝子に変異がある場合、LDL(低比重リポ蛋白)が酸化しやすく過酸化脂質ができやすいです。過酸化脂質はお肌の角質層に入り込んで角質層を破壊します。それにより、お肌の水分保持機能が失われ、水分が蒸発しやすい状態となります

レナセルクリアセラムを実際に使ってみた

それでは実際に届いたレナセルクリアセラムがどんな美容液か見ていきます。

レナセルクリアセラム

レナセルクリアセラムのデザインがこちら。

高級感のあるデザインでいかにも効きそうな感じがしそうですね~♪

レナセルクリアセラム

持ち運びできるサイズなのもうれしい!

テクスチャ

香りはほとんどなく無臭に近いですね。

若干甘い匂いがしますが美容液にしては香りがない部類に入ると思います。

テクスチャ動画

トロっとしたテクスチャで伸びはとても良いです。

若干オイリーな感じもしますが、塗り拡げるとサラっとしてベタつくようなことはありませんね。

見た目より浸透は早く、レナセルだけでもしっとりとして使いやすいです。

頬の気になるシミの部分には重ね塗りをするとより効果を実感できるのでおすすめ。

私の場合レナセルの後にクリームを使いますが、もたつきもないのでメイク前にも使えるのはポイントが高いですね。

レナセルクリアセラムを実際に一カ月使ってみた私の口コミ

レナセルクリアセラムを朝夜の洗顔後に使って一カ月が経過したのでレビューをします。

1日目

使い始めて1日目、保湿力や使い心地がどんなものか気になっていましたがどれも私の中では合格点です。

硬すぎず柔らかすぎないテクスチャーなので馴染みが良くてしっとりと優しく保湿される感じが気に入りました。

1週間経過

レナセルクリアセラムを使って一週間が経過しました。

肌の大きな変化としては頬の毛穴が目立たなくなってきたかな?

クリアセラムにはビタミンC誘導体が多く含まれるので、毛穴の引き締め効果と黒ずみ予防の効果が出ているのかもしれません。

肝心のシミについてはまだ効果を感じませんが、毛穴が目立たなくなってきたおかげで肌のキメがかなり整ってきたのを感じます。

2週間経過

レナセルクリアセラムを使って2週間経過しました。

明らかに朝起きた時の顔の調子が上向いている・・・

肌水分量が上がっているのか艶が全体に出てきて久しぶりのハリを感じます。

顔のくすみも少し薄くなったかな・・・?トーンが0.5段階くらい上がっているかもしれません。

目立つシミが無くなることはありませんが、頬骨のあたりにあったぼんやりシミには効果が出ているのか「肌が白くなっている?」と思ったほど。

1か月経過

1か月経過しました。

レナセルクリアセラムを使う前と比べると明らかに肌質がアップしています。

全体的にくすみ抜けして肌年齢は若返ったような印象を受けました。

そして美白効果の次に大きく効果を感じたのが肌のなめらかさ。

小鼻やフェイスラインのざらつきが気になっていましたがだんだんつるんとしてきて毛穴が目立たなくなってきました!

1か月以内でここまでシミが薄くなると思ってなかったのでびっくりです。

レナセルは価格が高いので効果がなかったらショックだな・・・と思っていましたが、ここまで肌質が変わるのであれば十分アリの美容液です。

某大手コスメの美白乳液なんかも試してきましたが、ピリピリしたり感想を招いてしまったてシミには一切効果なし・・・ということを繰り返していたのでレナセルに乗り換えようと思います。

肌全体も幹細胞エキスのおかげかふっくらしてきて、小じわも目立たなくなってきたのでこれからも愛用してみます♪

レナセルの公式サイトはこちら

レナセルと美顔器の相性はとてもいい!合わせて使うことで効果は倍増

幹細胞コスメは美顔器で導入してあげることでより高い効果が期待できる成分です。

レナセルと美顔器

特にレナセルクリアセラムの場合は、エステやクリニックでも美白のために使われているビタミンC誘導体がたくさん含まれているので美顔器との相性は飛びぬけて高いコスメです。

レナセルを知っている人は美容感度が高い人が多いはずなので美顔器をお持ちの人も多いはず。

是非イオン導入とレナセルの組み合わせを試してみてください♪

まだ美顔器を持っていないという人は価格と機能のバランスに優れたフォトプラスEXがおすすめですよ。(私が普段使っている美顔器です)

レナセルを最も安く買える方法と価格

ここではレナセルの購入方法をまとめてみました。

まず公式サイト、Amazon、楽天価格の結果から発表!

公式サイト Amazon 楽天
レナセル公式サイト
単品価格 44,600円(税別) 取扱いなし 取扱いなし
定期価格 初月5,980円(税別)
2か月目以降12,800円(税別)
取扱いなし 取扱いなし
4か月継続した時の価格 44,380円(税別) 取扱いなし 取扱いなし
4か月継続した時の一日当たりコスパ 約369円 取扱いなし 取扱いなし
送料 無料 取扱いなし 取扱いなし

今回調べた3サイトの中でレナセルの取り扱いがあったのは公式サイトのみでした。

今後Amazonや楽天で取扱いされる可能性もありますが、初回の大幅割引が適用されるのは公式サイトだけの可能性が高いですね。

そして定期コースについて調べてみると解約はいつでも可能ですが、レナセル受け取り4回目未満の場合には遺伝子検査費用の「24,800円」が別途請求されてしまいます。

定期コースの継続を条件に初回大幅割引を行っているので最低でも4か月以上は使うようにしてみてくださいね。

ちなみに単品購入の場合には、遺伝子検査費用24,800円+美容液代19,800円の44,600円(税抜)+送料600円で合計45,200円(税抜)とかなり割高になってしまうので注意してください。

【2019年最新版】おすすめの幹細胞コスメはこちらで紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA