【2018年版】おすすめ超音波美顔器ランキング!比較で選ぶおすすめ機種は?

こんにちは、美顔器の読みもの編集部です。

美顔器の機能の中でも特に人気の高い超音波機能。

超音波機能には毛穴の汚れを除去する効果やマッサージ効果が期待できます。

初めて買った美顔器が超音波美顔器だったという人意外に多く、肌表面の汚れを取りたい人には超音波美顔器がおすすめです。

しかし超音波美顔器といっても多機能モデルがあったり、ヘルツの違いがあったりと少しわかりにくいと思う人もいるかと思います。

ここでは超音波美顔器の選び方やおすすめ商品、効果効能について解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

2018年おすすめ美顔器総合ランキングはこちらの記事で紹介しています

超音波美顔器はそもそも何がいいのか?

超音波とは

超音波はその名の通り”音”の一種ですが、周波数の高さから人間の耳では感じ取れない音域の音の事を指します。

聴覚上は感じ取れませんが、音の振動(振幅)は触覚として感じる事は可能で、その振動作用を利用して美顔器やマッサージ器などに活用されています。

超音波の伝達は、周波数が高いほど音の振幅が狭く細くなり、低いほど音の振幅が広くなります。

音の振幅の広さは伝達の深さに関わってきますので、振幅が広いほど深い場所まで振動が伝達されるという事です。

肌への効果を望む場合、肌の深部に届かせる必要があるため、超音波美顔器の周波数に関しては低いものが良いとされます。

超音波美顔器の効果とは?毛穴や角栓の除去効果、マッサージ効果について

超音波による毛穴汚れや角栓を除去するクレンジング効果

超音波美顔器は超音波の振動によって毛穴に詰まっている汚れ、角栓などを取り除く効果を得られます。

通常の洗顔によるクレンジングだと、毛穴の奥に詰まってしまった皮脂汚れまで届かない事が多く、残された汚れが角栓になり毛穴の黒ずみやニキビの原因になります。

そのような洗い残した毛穴の奥の汚れを超音波が掻きだし、毛穴の黒ずみや角栓を予防する高度なクレンジング効果が得られます。

超音波による汚れを落とす効果は、洗濯機や食洗器などにも使用されていてしつこい油汚れも落とすほどの強力さを持っています。

しかも超音波に関しては薬剤などの化学的な成分は使用しないため、肌への使用に対しても危険性や副作用も少なく非常に安全な機能と言えます。

超高速な振動による高いマッサージ効果

超音波の音による振動はとても早く、筋肉だけでなく肌の細胞や組織に対してのマッサージ効果を得られます。

振動はほぐす効果と鍛える効果を同時に与えてくれますので、顔のハリを維持する表情筋を引き締め、たるみの無いシャープな輪郭を作り上げるためにとても有効であると言えます。

振動の摩擦により血行をよくする温熱効果

肌の奥まで振動が届くため、その振動によって細胞の分子間で摩擦が生じます。

その摩擦によって肌の内部が0.5~2℃程度上がる温熱効果を生み、それによって血行が促されて、老廃物や代謝をスムーズにする作用を望めます。

新陳代謝が活発になり、マッサージ作用が見込める

超音波の温熱効果によって肌のターンオーバー(新陳代謝)の活性化にも繋がります。

血行やリンパの流れが促される事によって老廃物の排出もスムーズになり、顔のむくみの解消され顔痩せによる小顔効果、たるみによる二重あごの改善効果も期待できます。

超音波美顔器の周波数による違いとは?

超音波美顔器は音によって肌に振動を与える事によって効果を得られるものですが、使用されている周波数帯によって得られる作用に違いがあります。

ここからは超音波美顔器で使われる周波数の違いを低周波~高周波まで紹介します。

【低周波】1MHz~2MHzの超音波美顔器が向いている部位

1MHz~2MHz未満の周波数は肌の深い部分まで届きますが、肌に与える刺激が強く、顔などのデリケートな肌質の部分には適していません。

そのため脚や腕など、顔以外の体に使用するための美容器具に向いています。

【中周波】2MHz~5MHzの超音波美顔器が向いている部位

2Mhz~5Mhz未満の周波数は適度な刺激で肌の真皮に作用するため、美容成分を浸透させる効果などをもたらします。

基本的に顔に使用する超音波の周波数は、2Mhz以上であれば刺激が強すぎる事はありませんので、顔に使用する・しないの判断は商品の使用周波数の項目を見る事で出来るとも言えます。

【高周波】5MHz以上の超音波美顔器

5Mhz以上の周波数は肌の奥には届かず、表面に振動を与える働きが望めます。

マッサージ効果やクレンジング効果を望むのであれば、この周波数帯の美顔器を使用する事をおすすめします。

超音波美顔器の作用は周波数帯ごとに分けられており、自分が美顔器を使用するにあたって”どのような効果を望んでいるのか”がとても重要になります。

また、美顔器によっては周波数帯を機能によって使い分ける事ができ、美容成分の浸透と肌の表面へのマッサージ効果を1台で可能にしているものも多くありますので、美顔器を選ぶ際は周波数に着目して選ぶ事で失敗を避けられるかと思います。

高周波まで出力できる美顔器は高価であることが多いのが特徴です。

周波数帯が記載されていない美顔器は低周波帯であることが多いので、気になっている美顔器がしっかりと周波数帯が表記されていることを確認してから選ぶようにしましょう。

気になる超音波美顔器のデメリット

超音波美顔器は高い?

様々な機能を備えていたり、高機能な精密機器などを使用している兼ね合いもあって、超音波美顔器は高額な傾向があります。

メーカーなどによって価格にかなり差があり、商業的に仕方ない部分ではありますが、他の医療機器や美容グッズも手掛けているメーカーのものは比較的リーズナブルですが、美顔器を専門的に製造しているメーカーのものは高額になります。

もちろん搭載機能によっての価格の上下もありますので一概には言えませんが、超音波美顔器を選ぶ際には価格の高さ=機能の高さではないという事だけは把握しておいてほしいですね。

価格はひとまず置いておいて、自分が欲している機能が搭載されているものを素直に選ぶ事が一番良い選択になるとは思います。

商品によっては効果を高めるために専売品のジェルなどの使用を推奨するものもありますので、購入の際はそういったランニングコストも含めて考えることが大切です。

毎日使う時間がある?

「美顔器を毎日使う時間が無い」という方もいると思います。

超音波美顔器の中には毎日使用する事が可能なものもありますが、基本的には効果の強さの関係で毎日使用できないものが多いです。

多くの美顔器は週に2~3回ほどの使用を推奨しているので、その範囲で習慣化する事が出来れば効果を望めます。

超音波美顔器を毎日使用してしまう事で逆効果になる場合もありますので、使用の前に説明書などをよく読み、使用頻度を把握する事は大切です。

週に2~3回なら忙しい方や習慣化が苦手な方でも使いやすいのではないかと思います。

美顔器は毎日使ってもいい?美顔器を毎日使うことで起きるデメリットも紹介

肌や人体への副作用・危険性は?

超音波美顔器の危険性や副作用としてまず一番最初に考えられるのは、肌に触れる部分に使われている金属によるアレルギーです。

金属アレルギーを考慮して安全な素材を使用している商品が多いですが、購入の際は材質の確認はするようにしましょう。

使用時の注意点は、使用前に必ず説明書をきちんと読むようにしましょう。

また超音波美顔器を過度に使用する事で肌に熱を与え過ぎてしまい、炎症や肌のバリア機能の低下を引き起こしてしまう場合もあるので、ジェルなどで肌を保護してから使用しないことによる肌荒れなども考えられます。

美顔器を使用する際のジェルに関しては、肌への密着性を高めて効率的に超音波を届けるためのものでもありますが、肌と金属の擦れを予防する効果やジェル自体に美容成分が含まれているものもあります。

しかし、美容成分の中にもアレルギー物質を含むものがありますので、アレルギー体質の方は成分欄のチェックを怠らないようにしましょう。

 

また使用する箇所についても注意が必要で、喉ぼとけの部分に超音波美顔器を使用する事で甲状腺異常を起こした例もあるので、耳の下のリンパ節などにも当てないように注意が必要です。

これらは全て先述したとおり、説明書をきちんと読んでいれば避けられる事です。

「美顔器を買ったらすぐに使ってみたい!」という気持ちもあると思いますが、購入時にはまず説明書をきちんと読む事をおすすめします。

肌へ不要な成分が奥まで浸透しない?

超音波美顔器の効果として、成分を肌の奥まで浸透させてくれる効果があります。

基本的に商品に付属する専売品などは添加物不使用のものなので、浸透させることで美容効果を得られますが添加物を使用した美容液やジェルなどで代用する場合、その添加物まで肌の奥に浸透してしまうリスクもあります。

最悪のケースを挙げると、使用法を守らずにメイクをしたままジェルを塗布して美顔器を使用した場合、ファンデーションなどのメイク用品の成分まで肌に浸透してしまうという事もあります。

肌の奥まで成分を浸透させてくれるというのは超音波美顔器を使用する上での最大のメリットなので、そのメリットを台無しにしてしまわないように、使用法や使用するジェルなどには注意する事が大切です。

超音波美顔器の正しい使い方

超音波美顔器はモデルによって微妙に使用法は違いますが、共通するポイントをいくつか挙げていきたいと思います。

洗顔直後に使用する

皮脂やホコリなどが付着していると上手く超音波が行き届かない事が考えられるため、肌が一番清潔な洗顔直後のタイミングで使用する事がベスト。

また、余計なものを吸収させないという意味でも超音波美顔器の使用は洗顔後が良いと言えますね。

強く押し当てないこと

超音波美顔器を強く押し当てたからといって奥まで効果が得られるわけではありません。

ジェルを使用する事で肌と超音波美顔器の密着は保たれますので、肌に触れるくらいの力加減で、肌を滑らせるように使用する事が大切です。

使用頻度は必ず守る

商品の説明書に書いてある頻度は必ず守って使うようにしましょう。

超音波美顔器は毎日使ったり1日に何回も使ったりする事で効果を得られるものではありませんし、逆効果になってしまう事もあります。

「早くキレイになりたい!」という気持ちで急いでしまいがちですが、使用頻度を守る事が1番の近道だという事を知っておくことが大事です。

ジェルは無添加のものを選ぶ

専売品のジェルがある場合はそのジェルを使用する事がベストですが、毎回購入するのが面倒であったり、コスト的に厳しいという場合もありますし、商品自体に専売品のジェルが無いという場合もあります。

そういった場合に必ず無添加のジェルものを選ぶようにして下さい。

添加物が含まれているものを選んでしまう事で肌に添加物の成分まで浸透させてしまうリスクが生まれます。

正しく超音波美顔器の効果を得るためには無添加のジェルを選ぶ事が大切です。

筋肉の繊維に沿って下から上へ

筋肉の繊維の流れに沿って下から上に超音波美顔器を動かす事でリフトアップ効果を高めます。

当てる部位も顎からスタートして下から上に移行していく事で、リンパの流れを促す効果を高めむくみケアに効果的です。

【人気】超音波美顔器おすすめランキング

【最大8Mhz】エステナードソニックROSE

エステナードソニック

1MHz2MHz3MHz4MHz5MHz6MHz7MHz8MHzイオン導入イオン導出ラジオ/RF

エステナードソニックROSEは秒速最大800万回の超音波振動によって、エステティシャンの技術である”タッピング”を受けているような感覚を味わえ、肌のリフトアップ効果も絶大な超音波美顔器です。

8Mhzまで出力できる美顔器は市販品ではほとんどなく、980円から購入できるという点でもとてもコスパ、口コミ共に人気のある美顔器です。

さらに肌に潤いを与える機能に”自動スキンセンサー機能”を搭載し、ヘッド部で霧状になった美容成分を水分が不足している部分に集中的に与える事で、肌のツヤやハリを取り戻すことが出来ます。

化粧品や皮脂による汚れをしっかり除去するイオンクレンジング機能もあるので、肌を清潔に保った状態で美容成分を浸透させる事が可能です。

1ボタン操作で使いやすさの面でも気遣いがあるのが嬉しいポイントですね。

レビュー記事はこちら公式サイトはこちら

 

【3Mhz】ツインエレナイザーPRO2

ツインエレナイザー

1MHz2MHz3MHz4MHz5MHz6MHz7MHz8MHzイオン導入イオン導出ラジオ/RF

ツインエレナイザーPRO2は超音波にラジオ波(RF)の高周波を加えた”ツインリフト”機能によって、高いリフトアップ効果を得られる超音波美顔器です。

多数のメディアに取り上げられており、数々の美顔器に関するランキングでトップを飾っています。

有効成分を浸透させるイオン導入には効果の高い3Mhzの周波数を採用し、単純に美容液を肌に塗布した時の浸透に比べて約170倍の浸透力を得られます。

ヘッド部が可動式になっているため、肌に密着する角度を保てる事も効果を高める意味では大きなメリットです。

レビュー記事はこちら公式サイトはこちら

【3Mhz】アクリアルピーリング プロ

アクリアルピーリング プロ
アクリアルピーリング プロ
アクリアルピーリング プロ
previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider
1MHz2MHz3MHz4MHz5MHz6MHz7MHz8MHzイオン導入イオン導出ラジオ/RF

アクリアルピーリング プロは毎秒3Mhzの超音波振動とマイクロカレント(微弱電流)によるWリフトモードによって、肌の引き締め効果とリフトアップ効果を高める超音波美顔器です。

名前の通りピーリング機能も備えていて、超音波振動によって古い角質や黒ずみ、メイク残りなどを浮かせて落とします。

ピーリングで肌の表面をキレイにしたあとに、Wモイストモードによるイオン導入が行えますので、美肌成分の浸透力も高く、”潤いのある輝き肌”になるためにしっかりサポートします。

化粧品ボトルのようなオシャレな見た目なので、バッグに入れてお出掛け先でも気兼ねなく使用できるのが嬉しいですね。

公式サイトはこちら

アクリアルピーリング プロの口コミ

楽天で人気みたいだったので現品購入しました。
超音波美顔器としては2台目、ウォーターピーリングは初めてです。

毛穴の汚れ落ちに関しては??です。確かに角栓がスパチュラにつくこともありますが…エマルジョンリムーバーを併用したのですが、水だけだとよくあるテレビみたいに水が白く濁ったりはしませんでした。でもまぁツルンとします。音は許容範囲。

Wモイストはとにかく音がめっちゃうるさいです。心無しかもっちり潤ってるかなぁという感じ。

Wリフトはタッピングがしっかり感じられるので気持ちいいです。まだ引き締め効果は実感出来てないです。

一つ一つの使用感はまぁこんなもんかという感じなのに、トータルでケアすると、翌朝のメイク乗りが抜群に良くなります。ファンデ塗った時に見えてたあの毛穴のポツポツはどこ!?という感じ。
化粧崩れもしにくくなりました。
使った翌日にここまで効果を実感できたのはこちらの美顔器が初めてだったので、感動です。

完全防水では無いですが湯船に浸かりながら使用することは出来ますし(浸水させなければ)、1回充電すれば1時間持つのでそれも楽。
本当は他のテレビショッピングのやつ買おうと思ったんですが、そちらは12時間充電の使用時間15分だったんですよねー…
なのでこの辺も購入の決め手です。

壊れないか心配だけど、壊れるまでは頑張って使います。

 

【1Mhz】EH-SR70

EH-SR70
EH-SR70
EH-SR70
previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider

1MHz2MHz3MHz4MHz5MHz6MHz7MHz8MHzイオン導入イオン導出ラジオ/RF

EH-SR70は超音波に加えて独自の”4極集中RF(ラジオ波)”を搭載し、1秒ごとに超音波とRFが切り替わる事によってリフトアップ効果を高めた超音波美顔器です。

RFで温めて、その予熱があるうちに超音波を当てる事を繰り返すことで、肌のハリ感や引き締まり感を1回の使用で実感できると言われています。

ヘッドの中心部が押すと沈む構造になっていて、肌への密着度を高める効果や余計な力が掛からないようになっているのも特徴的です。

過度な使用を避けるために”オーバーケア防止センサー”が搭載されているので安心して使用する事が出来ます。

公式サイトはこちら

超音波美顔器は毎日使っちゃダメ?やりすぎはトラブルの要因になるかもしれない

毎日使用しない

超音波美顔器は毎日の使用は肌の自活力を失わせるリスクもあるので、筋肉や肌にダメージを与えてしまうリスクも引き起こします。

肌の細胞のターンオーバーを待つ事も大切ですので、使用の目安としては週に2~3回が良いとされています。

 

使用時間を守る

超音波美顔器はは長時間使用したから効果が高まるわけではありません。
毎日使用してはいけないのと同様に、長時間の使用は肌へのダメージを与えてしまいます。

超音波美顔器は肌の奥で熱を起こすものですので、炎症に繋がる場合もありますし、肌の奥でコラーゲンを生成してくれるコラーゲン組織にダメージを与えてしまっては元も子もありません。

 

ジェルはたっぷり使用する

ジェルは肌と超音波美顔器の密着性を高めて、超音波やRFなどを肌の奥まで届きやすくするためのもので、肌と美顔器が直接摩擦する事を軽減してくれる効果もあります。

ジェルはたっぷり使用する事で、美顔器本来の効果をしっかり得ることが出来ますし、摩擦による肌荒れなどのリスクを避ける事が出来ます。

 

金属アレルギーの方も注意

超音波美顔器ははアレルギー性が低い金属を使用したりコーティング等をする事により、金属アレルギーに対する対策がしっかりしている商品が殆どではありますが、アレルギー症状が重い方だとアレルギーが発症してしまう場合があります。

美顔器購入時は使用されている金属についてしっかり調べてから購入しましょう。

 

眼球・副鼻腔などへの使用は避ける

超音波美顔器の超音波は肌の奥まで届く性質があるため、眼球や副鼻腔などのデリケートな部分には絶対使用しないようにして下さい。

 

妊娠中・授乳中

超音波美顔器はRFなどの電磁波を伴う場合が多く、電磁波の使用は胎児にとって100%安全であるとは言えません。

そのため、妊娠中や授乳中の時期は使用を避けた方が良いと言えるでしょう。

美顔器は妊娠中に使用しても赤ちゃんに影響は出ない?

 

入浴剤

”お風呂でも使用可能”と書いてある商品も多くありますが、入浴剤の成分による劣化などのりすくはありますので、湯船で超音波美顔器を使用する場合は入浴剤は使用しないようにして下さい。

 

同じ箇所は10回以内

超音波美顔器はの同じ箇所への過度な使用は、摩擦によってシワやくすみなどを招いてしまう原因になります。
そのため、同じ箇所に留まって何度も使用せず、顔全体にバランスよく使用するように心掛けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA